--世界のユニークな採用試験を紹介する「面接の研究所」--

株式会社コヨーテのオフィシャルブログへようこそ。当研究所では、世界中の気になる企業の採用現場を調べて、そのユニークな採用試験を紹介しています。取り上げる企業は、誰もが知っている世界的な有名企業もあれば、名前も知らない小さな企業もあります。しかし、ここで取り上げるどんな企業も「仲間を募ることへの強いこだわり、熱い想い」は共通していました。そしてその想いは、求職者までもファンにしてしまうものばかりです。ユニークな採用試験の背景にひそむストーリーを楽しんでください。

コラム #115 アスロニアのカンパニーメッセージ

代官山にあるトライアスロンショップ、アスロニア(ATHLONIA)。この競技を始めたときに何度も足を運んで、少しずつ技術や心構えを学び、この競技ができそうかなというところまで導いてくれたショップです。

HPの会社概要に載っている代表白戸さんのメッセージ。
事業へのこだわりや会社のスタンスをあらわれていると思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「トライアスロンは大変なスポーツ」多くの方からそんなコメントを聞きます。
確かに3種目を続けて行うもので、すぐに出来るものではないでしょう。しかし、スイム、自転車、ランニングとどの種目も日本人にとって経験があり、特別なスポーツではありません。
目標を立て、計画を作り、準備をしていけばどんな人でも出来るスポーツであると長い経験から確信しています。「誰にでも出来るけど、準備しなければ出来ない」これこそがこのスポーツの魅力であると思います。

そしてトライアスロンには「人生を変える力」があります。
このスポーツに取り組むことで、ライフスタイルに変化が現れるでしょう。時間の使い方、飲食の仕方や感じ方、思考、趣向などなど。最初は「仕方なく」かもしれません。それがいつしか、人間として、社会に生きているものとして、快適なライフスタイルである事に気付くのはそれほどかかりません。きっとあなたの人生を豊かにしてくれる事でしょう。

私たちはこのスポーツを通して、一人でも多くの人がそんなチャンスに出会ってもらいたいと願っています。

トライアスロンで人生を豊かに! Triathlon, It brightens your self.

代表取締役
白戸太朗
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このメッセージ、競技を始める前、何度も読み直しました。こんな会社だから、初心者で何も知らない自分でも受け入れてくれるだろう。自分がスタートを切るきっかけを提供してくれるのではないかという期待感で胸が膨らましながらショップに足を運んだことを思い出しました。

採用活動において応募者視点でみると、関心のある会社ってHPを何度もみたり、その会社ってどんな想いで事業をしているのだろうか、どんなヒトの困りごとを解決しているのだろうかって、実に細かい視点で見ています。細部にこだわるメッセージ、こういうところに魅力を感じたりします。


そんなアスロニアの採用情報を見てみると、STAFF募集の赤い文字が目に入ってきました。

冒頭のメッセージ(抜粋)
・・・おかげさまで多くのお客様にお越しいただき、トライアスロンライフのサポートをしてきました!アルバイトはトライアスロン部の学生も大歓迎!働く時間も週末のみ、夕方以降の時間帯等、ご相談ください。お気軽にご連絡ください。また、ショップにお越しいただき、お声掛けいただいても結構です。よろしくお願います。

そう、さりげなくですが、こんなヒト歓迎しています、なんだったら実際に見にきてくださいと書いています。「こんな会社ですよ、こんなヒトとぜひ一緒に働きたい」というメッセージを自分たちの持っているリソースの中で最大限伝えていく中で会社を知ってもらう。そういう活動は大切ですね。


さて、アスロニアをきっかけに昨年出場したトライアスロンですが、今シーズンは足の怪我をはじめ、度重なる故障があり参戦できませんが、あるきっかけがあり、再び復帰することにしました。

そのきっかけは、 MY ROAD to LONDON 車いすアスリートの副島正純さんを、ロンドンパラリンピックまでサポートするチャリティイベントに申し込んだことです。 このチャリティイベント、副島さんが、パラリンピック参加までの12ヶ月間を、チャリティイベントに参加する自分自身が「心技体」の、それぞれのカテゴリーで、今後一年間の目標をたてるという、ユニークなステッカーノベルティとしてついてきます。

そのステッカーの「体」の項目に「トライアスロン・オリンピックディスタンスで完走」を掲げます。アスロニアのサイトにあるメッセージを読み直して、改めて決意した次第です。近いうちにアスロニアのイベントに参加しようと思っています。(T)

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:14 | category: コラム |
コラム #054 アスロニアの目指す姿

「トライアスロンをもっと世の中に広めたい!」そんな想いでスタートした会社、
アスロニアATHLONIA

アスロニアは2008年11月に、日本のトライアスロン界の第一人者の白戸太朗さん
が立ち上げた会社です。現在トライアスロンウエアや自転車関連商品の販売ををは
じめ、トライアスロンスクールの運営やトライアスロンに関する情報発信などを通して、
トライアスロンというスポーツの普及に努めています。

トライアスロンは、スイム、自転車、ランニングの3種目を続けて行う競技で、
オリンピックの競技種目のひとつにもなっているスポーツです。

僕がこの競技を初めてみたのが、2009年夏に開催された、トライアスロン世界選手権
シリーズ横浜大会。目の前に迫力に感動したのを覚えています。

このスポーツのイメージは、過酷や大変そうなどのイメージが先行していて、実際にどん
なスポーツか、何が魅力なのかが伝わりにくいのかもしれません。またどうすればトライ
アスロン大会にでれるのか、練習をどうすればいいのか、そんなアドバイスをしてくれる
ところも少ないのが現状です。

そこで、その魅力を伝えるために、単に用品を揃える店ではなく、スタッフがさまざまな
相談にのることができる「トライアスロンの事なら、とりあえずあそこにいけば分かるし、
モノも揃うね」という「トライアスロンのよろずや」を目指していているそうです。

その会社に集う役員が、このスポーツの競技者でありファンの方々で構成されてい
るところがユニークです。青山フラワーマーケットを運営している、パーク・コーポレ
ーション代表の井上さんやフランフラン等を運営している、バルスの代表の高島さん
など、さまざまな企業の経営者が参画しています。

応援したい人に、人が集う。
想いに人が集まる会社。

「想い」と「地道な活動」に、ひとりずつメンバーが参画していく、人が集うという
そのスタイルに、今後の人材採用のヒントが隠されています。(T)

| comments(0) | trackbacks(1) | 06:55 | category: コラム |
★取り上げた企業
アップル
面白法人カヤック
スマイルズ
サウスウエスト航空
Google
日本マクドナルド
三鷹光器
ソニー生命保険
グリー
ビジネスバンク
ポジカル
ヌフカフェ
日東電工
SBIホールディングス
USAA
パーク・コーポレーション
ベアーズ
ファーストリテイリング
ユナイテッドアローズ
ヴァージン・グループ
サイバーエージェント
武田薬品工業
アンデルセングループ
SAMURAI
ラーンネットグローバルスクール
SAS
パタゴニア
クックパッド
アーネスト・シャクルトン
グロービス
明神館
リッツカールトン
コメリ
ウォルトディズニー
37シグナルズ
プラザクリエイト
ザッポス
たねや
くるみの木
ヤフー
マイクロソフト
IDEO
柴田陽子事務所
テクスティーグル
オープン・エー
臨海セミナー
はてな
ソフトバンク
アメリカンファミリー生命保険
ケムテック
シコー
秋山木工
スターブランド
ライフネット生命
ビィー・トランセグループ
吉本興業
都田建設
ECスタジオ
オイシックス
ロート製薬
日本電産
ヤマト運輸
ネスレ日本
アスロニア
DeNA
アイスタイル
あきゅらいず美養品
シグマクシス
アサツーディ・ケイ
アールシーコア
三菱鉛筆
コロンブス
成城こばやし動物病院
D&DEPARTMENT
バイテック・グローバル・ジャパン
コミー
インフォバーン
自遊人
インターコンチネンタルホテルズ
ダッドウェイ
アイ・エム・ジェイ
Categories
Profile
profilephoto

コヨーテ採用研究所

株式会社コヨーテ
Dr.K(左)
滋賀県に生まれる。主流を好まず、マニアックを追求することに喜びを感じる。採用って世界中でやってるのに知らないこと多すぎない?と探究心に火がつき、2009年からこの研究所を立ち上げる。誰も知らない採用情報を仕入れた時はひとりほくそ笑んでいる。

株式会社コヨーテ
Dr.T(右)
大阪府に生まれる。食べることが大好きで高校生並みの胃袋を持つ。長年採用に関わってきたがKに誘われ研究所の立ち上げに参画。このネタどこで仕入れたの?とつっこみたくなるほど憎い企業の採用を紹介するのが得意。

≪コヨーテのHPはこちら≫
http://coyo-te.co.jp/
≪取材などのお問合せはこちら≫
info@coyo-te.co.jp
Comments
Search this site