--世界のユニークな採用試験を紹介する「面接の研究所」--

株式会社コヨーテのオフィシャルブログへようこそ。当研究所では、世界中の気になる企業の採用現場を調べて、そのユニークな採用試験を紹介しています。取り上げる企業は、誰もが知っている世界的な有名企業もあれば、名前も知らない小さな企業もあります。しかし、ここで取り上げるどんな企業も「仲間を募ることへの強いこだわり、熱い想い」は共通していました。そしてその想いは、求職者までもファンにしてしまうものばかりです。ユニークな採用試験の背景にひそむストーリーを楽しんでください。

<< レポート#28 アーネスト・シャクルトンの採用 『南極探検隊、求む』 | main | <コラム> 『 Welcome to the Team ! 』 >>
<コラム> 『決められた時間内に、やり切る』

今日は、TOEICの公開試験の受験日でした。

TOEICは、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストで、
日本では年間、171万8,000人が受験(2008年度)しているそうです。

僕らは大学生のとき以来、十数年ぶりに、この試験を受験することにしました。
今回の目的は、「今の英語力が客観的に見て、どれくらいの力があるのか」を知ること。
あとは、試験に向けてまず勉強する習慣をつけること。

今回久しぶりに受験して感じたことが、

「決められた時間内に、やり切ること」

問題量も多い試験で、リスニングのスピードも早かったです。でも英語によるコミュニ
ケーション力を測る試験なので、スピード、質ともこれぐらいが妥当なんだと思います。

持っている力を、限られた時間内に発揮する。これは採用面接と同じです。日ごろから
積み重ねてきたものしか、その場で出せない。だから地力をつけるための準備と、自分
の中で納得がいく実績を積み重ねていかないといけない。課題がたくさん残りました。

まだまだ気迫が足りないか。何のために勉強するのか、そこをリアルにイメージしながら、
もっと修業しないといけませんね。

ただ短い準備期間でしたが、やらないといけない期限を設定するとと、そこに向けて意識
を集中することができたのは収穫です。

今回、先々のことを考えると、やはり「英語」は外せないキーワードであることを再認識し、
十数年ぶりに勉強に取り組みことを決めました。

習熟するには時間はかかりますが、「何かを始めるのに遅いという事はない」。
長い道のりですが、この機会をスタートとして、地道に力を蓄えていきます。
次は、半年後に再度挑戦予定です。(T)

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:57 | category: コラム |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.workshop-boys.com/trackback/96
トラックバック
★取り上げた企業
アップル
面白法人カヤック
スマイルズ
サウスウエスト航空
Google
日本マクドナルド
三鷹光器
ソニー生命保険
グリー
ビジネスバンク
ポジカル
ヌフカフェ
日東電工
SBIホールディングス
USAA
パーク・コーポレーション
ベアーズ
ファーストリテイリング
ユナイテッドアローズ
ヴァージン・グループ
サイバーエージェント
武田薬品工業
アンデルセングループ
SAMURAI
ラーンネットグローバルスクール
SAS
パタゴニア
クックパッド
アーネスト・シャクルトン
グロービス
明神館
リッツカールトン
コメリ
ウォルトディズニー
37シグナルズ
プラザクリエイト
ザッポス
たねや
くるみの木
ヤフー
マイクロソフト
IDEO
柴田陽子事務所
テクスティーグル
オープン・エー
臨海セミナー
はてな
ソフトバンク
アメリカンファミリー生命保険
ケムテック
シコー
秋山木工
スターブランド
ライフネット生命
ビィー・トランセグループ
吉本興業
都田建設
ECスタジオ
オイシックス
ロート製薬
日本電産
ヤマト運輸
ネスレ日本
アスロニア
DeNA
アイスタイル
あきゅらいず美養品
シグマクシス
アサツーディ・ケイ
アールシーコア
三菱鉛筆
コロンブス
成城こばやし動物病院
D&DEPARTMENT
バイテック・グローバル・ジャパン
コミー
インフォバーン
自遊人
インターコンチネンタルホテルズ
ダッドウェイ
アイ・エム・ジェイ
Categories
Profile
profilephoto

コヨーテ採用研究所

株式会社コヨーテ
Dr.K(左)
滋賀県に生まれる。主流を好まず、マニアックを追求することに喜びを感じる。採用って世界中でやってるのに知らないこと多すぎない?と探究心に火がつき、2009年からこの研究所を立ち上げる。誰も知らない採用情報を仕入れた時はひとりほくそ笑んでいる。

株式会社コヨーテ
Dr.T(右)
大阪府に生まれる。食べることが大好きで高校生並みの胃袋を持つ。長年採用に関わってきたがKに誘われ研究所の立ち上げに参画。このネタどこで仕入れたの?とつっこみたくなるほど憎い企業の採用を紹介するのが得意。

≪コヨーテのHPはこちら≫
http://coyo-te.co.jp/
≪取材などのお問合せはこちら≫
info@coyo-te.co.jp
Comments
Search this site