--世界のユニークな採用試験を紹介する「面接の研究所」--

株式会社コヨーテのオフィシャルブログへようこそ。当研究所では、世界中の気になる企業の採用現場を調べて、そのユニークな採用試験を紹介しています。取り上げる企業は、誰もが知っている世界的な有名企業もあれば、名前も知らない小さな企業もあります。しかし、ここで取り上げるどんな企業も「仲間を募ることへの強いこだわり、熱い想い」は共通していました。そしてその想いは、求職者までもファンにしてしまうものばかりです。ユニークな採用試験の背景にひそむストーリーを楽しんでください。

<< <コラム> 『ユトレヒトの世界観』 | main | <コラム> 『決められた時間内に、やり切る』 >>
レポート#28 アーネスト・シャクルトンの採用 『南極探検隊、求む』
アーネスト・シャクルトンの名前は知らなくても、彼の出した広告を知っている人は
多いのではないだろうか?

1900年のある日、ロンドンの新聞の片隅に、彼は南極探検隊員を募集するため
こんなメッセージを記した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


探検隊員求む。 至難の旅。


わずかな報酬。 極寒。 


暗黒の長い月日。


絶えざる危険。 


生還の保証無し。


成功の暁には名誉と賞賛を得る。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ほんの小さなスペースであったが、このインパクトあるメッセージは
15歳の少年を含めた約5000名の応募を集め話題となった。

人が強く動く動機は、お金や地位だけではないことを証明した採用広告として
今なお語り継がれている。


アーネスト・シャクルトンは、1874年にアイルランドで生まれた探険家で
上記の広告は彼がまだ26歳の時に作ったメッセージだった。

彼は何度も険しい南極への道をトライするが、目標までは到達できず、
自身三度目の挑戦では、まるで自分の書いたメッセージそのもののような出来事に遭遇する。



1914年、シャクルトン率いる大英帝国南極横断隊はエンデュアランス号で南極大陸に向かった。
しかし一行は途中で遭難し、南極の海で氷の塊の中に閉じ込められてしまう。

そのまま約10ヶ月間漂流した後、ついに船が沈没。

南極大陸横断の計画はここで完全に頓挫してしまう。

シャクルトンたちは船から持ち出した最小限の備品を使って氷上でキャンプ生活をしながら、
脱出のチャンスを伺った。

ようやく脱出の機会を得た一行は、救命ボートに乗って荒海へと出発する。

彼らは何とかエレファント島へとたどり着いたものの、隊員の中には体力の消耗が激しい者もいたため、
シャクルトンと体力の残っている5人の計6人が捕鯨基地のあるサウスジョージア島へ再び出航する。

といってもサウスジョージア島はエレファント島の北東1,300kmにある島だ。

やっとの思いでサウスジョージア島に到着したが、捕鯨基地があるのは彼らが到着した地点の反対側。
捕鯨基地に向かうためには島にある山脈を越える必要があった。
そこでシャクルトンは、5人の中からさらに体力が残っている者2人を選んで捕鯨基地を目指し、
ついに救助を得た。

イギリスを出発してから約2年後、各地に残してきた隊員も救助され、
シャクルトン以外の隊員27名全員が奇跡的に生還を遂げたのだ。


きっと地位と報酬を求めていたメンバーでは成し遂げられなかっただろう。

そこには、シャクルトンの勇敢なリーダーシップと、
隊員一人一人が持っていた並々ならぬ決意があったからこそだ。

小さな採用広告で心に刻み込んだ熱いメッセージは、これほどまで人に力を与えるのである。

採用時の動機形成の大切さが実感できるストーリーである。

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:11 | category: レポート |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.workshop-boys.com/trackback/95
トラックバック
★取り上げた企業
アップル
面白法人カヤック
スマイルズ
サウスウエスト航空
Google
日本マクドナルド
三鷹光器
ソニー生命保険
グリー
ビジネスバンク
ポジカル
ヌフカフェ
日東電工
SBIホールディングス
USAA
パーク・コーポレーション
ベアーズ
ファーストリテイリング
ユナイテッドアローズ
ヴァージン・グループ
サイバーエージェント
武田薬品工業
アンデルセングループ
SAMURAI
ラーンネットグローバルスクール
SAS
パタゴニア
クックパッド
アーネスト・シャクルトン
グロービス
明神館
リッツカールトン
コメリ
ウォルトディズニー
37シグナルズ
プラザクリエイト
ザッポス
たねや
くるみの木
ヤフー
マイクロソフト
IDEO
柴田陽子事務所
テクスティーグル
オープン・エー
臨海セミナー
はてな
ソフトバンク
アメリカンファミリー生命保険
ケムテック
シコー
秋山木工
スターブランド
ライフネット生命
ビィー・トランセグループ
吉本興業
都田建設
ECスタジオ
オイシックス
ロート製薬
日本電産
ヤマト運輸
ネスレ日本
アスロニア
DeNA
アイスタイル
あきゅらいず美養品
シグマクシス
アサツーディ・ケイ
アールシーコア
三菱鉛筆
コロンブス
成城こばやし動物病院
D&DEPARTMENT
バイテック・グローバル・ジャパン
コミー
インフォバーン
自遊人
インターコンチネンタルホテルズ
ダッドウェイ
アイ・エム・ジェイ
Categories
Profile
profilephoto

コヨーテ採用研究所

株式会社コヨーテ
Dr.K(左)
滋賀県に生まれる。主流を好まず、マニアックを追求することに喜びを感じる。採用って世界中でやってるのに知らないこと多すぎない?と探究心に火がつき、2009年からこの研究所を立ち上げる。誰も知らない採用情報を仕入れた時はひとりほくそ笑んでいる。

株式会社コヨーテ
Dr.T(右)
大阪府に生まれる。食べることが大好きで高校生並みの胃袋を持つ。長年採用に関わってきたがKに誘われ研究所の立ち上げに参画。このネタどこで仕入れたの?とつっこみたくなるほど憎い企業の採用を紹介するのが得意。

≪コヨーテのHPはこちら≫
http://coyo-te.co.jp/
≪取材などのお問合せはこちら≫
info@coyo-te.co.jp
Comments
Search this site