--世界のユニークな採用試験を紹介する「面接の研究所」--

株式会社コヨーテのオフィシャルブログへようこそ。当研究所では、世界中の気になる企業の採用現場を調べて、そのユニークな採用試験を紹介しています。取り上げる企業は、誰もが知っている世界的な有名企業もあれば、名前も知らない小さな企業もあります。しかし、ここで取り上げるどんな企業も「仲間を募ることへの強いこだわり、熱い想い」は共通していました。そしてその想いは、求職者までもファンにしてしまうものばかりです。ユニークな採用試験の背景にひそむストーリーを楽しんでください。

<< レポート#127 仙北造園さんの採用 「復興プロジェクトツアー」 | main | レポート#129 トヨタの採用 「攻める求人ポスター」 >>
レポート#128 DeNA南場さんの採用 「採用でもっとも大切なもの」

「採用でもっとも大切なものは?」

 

と問われるとなんと答えますか。


お金、知名度、アイデア、、、?

 

今回ご紹介するDeNA南場さんの採用を知るほど

採用で大切なのは「覚悟」だなぁと思います。

 

会社は、その人を雇う覚悟があるか。

 

給与を払い続ける覚悟はもちろんのこと。

仲間に迎える覚悟や

成長を心から願い、育てていく覚悟、

どんなに苦しくても、見捨てない覚、など。


入社する個人にも覚悟が大事です。

 

たまたま内定をもらったから。家が近いから。給与が高いから。

 

ではなく

 

自分の人生の多くの時間をかけてともに成長していく覚悟や

同じ目標に向かっていく仲間となる覚悟

どんなに苦しくても、諦めない覚悟、など。


DeNAの南場さんのインタビューを読むと、覚悟を決めて採用に向き合っていることが分かります。

 

そして、覚悟があるからこそ、力強く口説くことができるのだなぁと感じます。

 


あるインタビューでは、「どんなに人手が足りなくても自分たちよりもすごいやつしか入れない」と覚悟を決めて、採用に取り組んだと話しています。

 

アントレプレナーが成功を収めるためには、目標とお金と人が必要です。目標はアントレプレナーであれば間違いなく持っていると思います。そして今はお金が集まりやすい。この会場でもたくさんのVCが、大きな財布を持って練り歩いているとも聞きますが、やはり一番大変なのは人ではないでしょうか?

 

私も人集めにはすごく苦労しました。今でこそ、新卒採用では3万人くらいが受けてくれて、その中から50人から100人を選ぼうという贅沢なことも言える状態ですけども、DeNAを立ち上げた時は本当に大変でした。

 

まず、私はマッキンゼーの2人の同僚と立ち上げたのですが、人手不足で仕事が回らない。それでも歯を食いしばり、「自分たちよりもすごいやつしか入れない」という約束をして、10人の夢のチームを作り上げて、そこから拡大していきました。

 

(中略)

 

DeNAを振り返ると、いろんな間違いを犯してきましたが、唯一、間違わなかったのは人材の質に妥協しなかったことです。

 

最初はインターネットネットオークションというビジネスモデルの周りに人を集めますが、思ったよりうまくいかない。そうなると、人の周りに事業を作っていかなくてはいけない。だから結局、人材が一番重要であるということ。これが、私が一番伝えたいことです。

 

そしてその仲間は、スーパーグレートなだけでなく、お互いが透明になれる相手であること。お互いが信頼でき、情報を包み隠さずにシェアできる間柄であることが絶対条件ではないかと思いました。

 

そして、内定を出す人材に対しても覚悟を迫ります。

 

決して安泰な船ではない。沈むかもしれない。だからこそあなたに助けてほしいんだ、と。

 

(イタビュー続き)

それから、人を口説くときに大切なのは、正直に伝えること。「僕の船は安泰だよ。だからこっちに来たほうがいいよ」というのではなく、本当のことを言ってください。沈むかもしれない、泥舟かもしれない、漕ぐ人が必要、助けてくれということです。

 

大きな人生の意思決定をしてくれるわけなので、ぜひ誠実に対応して欲しいし、その上で腕まくりをしてくれる人だけが、ベンチャーの楽しみを味わう権利がある。そこが1つのポイントです。あとは、チームに入れたら信じること。それが成功の確率を高めることだと思います。

 

HRナビ 「5年かけても追いかける」 DeNA南場智子が語る、イケてる人材の集め方」

 

そして入社してくれなかった人材に対しては、5年かけても追いかけると言います。

 

現在DeNAにて、番組ストリーミングサービス「SHOWROOM」を手がける前田裕二さんの採用エピソードを紹介します。

 

 

南場さんとの出会いは就職活動の時。DeNAの最終面接で対面します。

 

8歳で両親を失い、その後様々な苦難を乗り越えてきた前田さん。

 

彼の「生き抜くための貪欲さ」に南場さんは興味を持ったようです。

 

 

ただ当時、前田さんはDeNAではなく、外資系金融企業を選択。

 

入社後高い実績を評価され、入社2年目でニューヨークに赴任。

 

しかし日本にいた親戚の不幸をきっかけに自分のキャリアを見つめ直し、起業を志します。

 

 

一方、南場さん、DeNAの内定を断わられてからも、半年に1回ほどは前田さんに連絡をとっていたそうです。

 

 

こうした繋がりがきっかけで、金融会社を辞め帰国した前田さんは南場さんに自分の起業プランを相談しに行きました。

 

ここでのやりとりがとってもしびれます。前田さんが当時を振り返った内容です。


南場おすすめのカレーを食べながら(笑)、事業プランをプレゼンしました。意見をもらおう、あわよくば出資してもらえないかと目論んでいたのですが(笑)、そこは勝手が違いましたね。


また、「今、起業して、お前が死ぬほど泥臭くやれば上手くいくかもしれない。けど、その可能性は著しく低い。それは事業の内容じゃなくて、人の問題。お前は”事業”を営む人間としては、まだ全くの青二才。っていうか、ぶっちゃけ今お前が考えてることなんて、おんなじことを世界で100人くらいの人が既に考えついてて、それ自体に価値はない」とも。

 

「うちで、事業を立ち上げることのなんたるかを勉強して、その後、自分で起業する方が成功確率上がるし、スマートじゃん。まだ25歳でしょ」って言われて、妙に納得してしまいました。

 

そして、最後に「純粋に君の力が必要です。一緒に世界の頂を目指そうぜ」とシンプルに言ってもらえた。それが決め手になりました。


DeNAファウンダー南場智子が5年かけて口説き落とした男|SHOWROOM総合プロデューサー前田裕二

 

採用に大切なのは「まだ見ぬ未来をともに歩む覚悟」。

 

そのように感じさせる南場さんの採用エピソードです。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:30 | category: レポート |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.workshop-boys.com/trackback/406
トラックバック
★取り上げた企業
アップル
面白法人カヤック
スマイルズ
サウスウエスト航空
Google
日本マクドナルド
三鷹光器
ソニー生命保険
グリー
ビジネスバンク
ポジカル
ヌフカフェ
日東電工
SBIホールディングス
USAA
パーク・コーポレーション
ベアーズ
ファーストリテイリング
ユナイテッドアローズ
ヴァージン・グループ
サイバーエージェント
武田薬品工業
アンデルセングループ
SAMURAI
ラーンネットグローバルスクール
SAS
パタゴニア
クックパッド
アーネスト・シャクルトン
グロービス
明神館
リッツカールトン
コメリ
ウォルトディズニー
37シグナルズ
プラザクリエイト
ザッポス
たねや
くるみの木
ヤフー
マイクロソフト
IDEO
柴田陽子事務所
テクスティーグル
オープン・エー
臨海セミナー
はてな
ソフトバンク
アメリカンファミリー生命保険
ケムテック
シコー
秋山木工
スターブランド
ライフネット生命
ビィー・トランセグループ
吉本興業
都田建設
ECスタジオ
オイシックス
ロート製薬
日本電産
ヤマト運輸
ネスレ日本
アスロニア
DeNA
アイスタイル
あきゅらいず美養品
シグマクシス
アサツーディ・ケイ
アールシーコア
三菱鉛筆
コロンブス
成城こばやし動物病院
D&DEPARTMENT
バイテック・グローバル・ジャパン
コミー
インフォバーン
自遊人
インターコンチネンタルホテルズ
ダッドウェイ
アイ・エム・ジェイ
Categories
Profile
profilephoto

コヨーテ採用研究所

株式会社コヨーテ
Dr.K(左)
滋賀県に生まれる。主流を好まず、マニアックを追求することに喜びを感じる。採用って世界中でやってるのに知らないこと多すぎない?と探究心に火がつき、2009年からこの研究所を立ち上げる。誰も知らない採用情報を仕入れた時はひとりほくそ笑んでいる。

株式会社コヨーテ
Dr.T(右)
大阪府に生まれる。食べることが大好きで高校生並みの胃袋を持つ。長年採用に関わってきたがKに誘われ研究所の立ち上げに参画。このネタどこで仕入れたの?とつっこみたくなるほど憎い企業の採用を紹介するのが得意。

≪コヨーテのHPはこちら≫
http://coyo-te.co.jp/
≪取材などのお問合せはこちら≫
info@coyo-te.co.jp
Comments
Search this site