--世界のユニークな採用試験を紹介する「面接の研究所」--

株式会社コヨーテのオフィシャルブログへようこそ。当研究所では、世界中の気になる企業の採用現場を調べて、そのユニークな採用試験を紹介しています。取り上げる企業は、誰もが知っている世界的な有名企業もあれば、名前も知らない小さな企業もあります。しかし、ここで取り上げるどんな企業も「仲間を募ることへの強いこだわり、熱い想い」は共通していました。そしてその想いは、求職者までもファンにしてしまうものばかりです。ユニークな採用試験の背景にひそむストーリーを楽しんでください。

<< ”魚を飼うことは、水を飼うこと” ほぼ日さんから教えてもらった人事の考え方 | main | コラム #141 ブログ再開します! >>
大人たちが2週間、大自然で学び合う「移動大学」はすごかった
今日は私たちコヨーテが今ハマっている本をご紹介します。
 
川喜田二郎著「ひろばの創造」でございます。

ひろばの創造―移動大学の実験 (1977年) (中公新書)

川喜田二郎さんのお名前を知らなくても、
彼の考案したKJ法をご存知の方も多いのではないでしょうか。

データをカード(付箋)に記述し
カードをグループごとにまとめて、図解し、論文等にまとめていく手法です。

今でも研修などで用いれられていますよね。

KJ法の名前の由来が、彼のイニシャルであることを知った時、
 
「えーーダッサいーー」と思っていました。
しかし、彼はすごい方だったのです。(失礼!)

何がすごいって、彼が取り組んだ「移動大学」という活動がすごい。

ある方に、その話を教えてもらってから
興味がわきこの著書を手に取ったのですが
 
ここに書かれている取り組みは、今なお錆びつくことがない、
現代の私たちにとっても非常に示唆の多い活動だったのです。

1960年代後半、大学紛争が活発になる中で
当時東京工業大学の教授であった川喜田氏は、日本の行く末を案じ
教授をやめて、移動大学を発足します。

彼は、3つの公害が今の日本を危機的な状況に陥れている要因だとしました。
ひとつは、工業化、近代化が招く、環境悪化による公害。
ひとつは、管理的な組織作りに限界がきて、うまく運用できなくなっている組織的な公害。
最後は、こうした環境の中で生きづらくなっている個人の心の公害。

特に下の2つの公害は、現代の方がさらに深刻になっているのではないでしょうか。

移動大学は、毎回場所を変えて、大自然の中で2週間程度のワークショップが
行われます。

毎回100名を超える社会人や学生が集まり、大きなテントを張って
フィールドワークや、討議を行うのです。
 
開催場所は北は北海道から、南は沖縄まで
そこに、のべ数千人が参画したというから驚きです。

彼はこの移動大学という「実験」を通じて、現代社会の抱える課題
そして、組織運営やリーダーシップについて、様々なことを学びます。
 
だって、100名近くの見ず知らずの大人たちを、2週間テント生活させるんですよ。
いろんなことが起こるわけです。

そこで、私が心に響いた川喜田二郎先生の至極の言葉たちを以下に抜粋しますね。

・「参画社会」ということばも、関連的に私が作ったもの
  「管理社会」と反対の概念だ。

・現実に日本の学校教育では、
 周知のように知識の詰めこみばかりが病的に進行している

・思考の鍛練とか決断力とか実行力とかが組み合わさった、
 トータル(全一的)なものとして人間行為の体験は、
 驚くばかり教育の場から退場している

・本当に爽やかでニッコリ笑える自己実現は、
 むしろ自己を放念して、
 価値ある何かに献身したときにやってくる。

・管理社会の進行、体制の巨大化・硬化とともに、
 人びとは急速に夢を失いつつある

・人と環境、人と人とは、お互いに異なるがゆえに結ばれる

・いのちというものは、・・・
 異質ものの交流からおこる火花で生まれ落ちる

・集団が連帯感をもって結ばれるために、
 絶対に必要なひとつの条件は、
 共通の達成課題をもつことである

・リーダーはチームの全員がいま何を望んでいるか、
 その必要とし、望んでいることを、
 他のメンバーよりも先んじてイニシャチブをとって言いだす、
 あるいはやりだすべきである
 
・イニシャチブはリーダーだけがとるのではなく、
 チームメイトのだれがイニシャチブをとってもいい。
 しかし彼のイニシャチブを、その人の独り言に終わらせないで
 チーム全体の共通の問として陽のあたる場所にだしてやるのが
 リーダーのもうひとつの役割

・多くの問題解決が誤っているのは、
 テーマの次にすぐ解決策に入ろうとするあまり、
 「きっとこうだろう」と臆断し、その角度からだけしか取材しないことである
 見る角度が違っているから、問題解決ができない

あー、すみません。まだまだありますが書ききれません。

著書を何度も線を引き、勇気付けられました。
そして、彼が残した偉大な取り組みを、現代に引き継いてみたいと思いました。

本を読んだ方や、この活動に詳しい方、ぜひ一度ディスカッションしましょう。
 (注)すでに著書は中古しかないようです。

| comments(1) | trackbacks(0) | 11:20 | category: オススメ |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2017/01/08 5:38 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.workshop-boys.com/trackback/375
トラックバック
★取り上げた企業
アップル
面白法人カヤック
スマイルズ
サウスウエスト航空
Google
日本マクドナルド
三鷹光器
ソニー生命保険
グリー
ビジネスバンク
ポジカル
ヌフカフェ
日東電工
SBIホールディングス
USAA
パーク・コーポレーション
ベアーズ
ファーストリテイリング
ユナイテッドアローズ
ヴァージン・グループ
サイバーエージェント
武田薬品工業
アンデルセングループ
SAMURAI
ラーンネットグローバルスクール
SAS
パタゴニア
クックパッド
アーネスト・シャクルトン
グロービス
明神館
リッツカールトン
コメリ
ウォルトディズニー
37シグナルズ
プラザクリエイト
ザッポス
たねや
くるみの木
ヤフー
マイクロソフト
IDEO
柴田陽子事務所
テクスティーグル
オープン・エー
臨海セミナー
はてな
ソフトバンク
アメリカンファミリー生命保険
ケムテック
シコー
秋山木工
スターブランド
ライフネット生命
ビィー・トランセグループ
吉本興業
都田建設
ECスタジオ
オイシックス
ロート製薬
日本電産
ヤマト運輸
ネスレ日本
アスロニア
DeNA
アイスタイル
あきゅらいず美養品
シグマクシス
アサツーディ・ケイ
アールシーコア
三菱鉛筆
コロンブス
成城こばやし動物病院
D&DEPARTMENT
バイテック・グローバル・ジャパン
コミー
インフォバーン
自遊人
インターコンチネンタルホテルズ
ダッドウェイ
アイ・エム・ジェイ
Categories
Profile
profilephoto

コヨーテ採用研究所

株式会社コヨーテ
Dr.K(左)
滋賀県に生まれる。主流を好まず、マニアックを追求することに喜びを感じる。採用って世界中でやってるのに知らないこと多すぎない?と探究心に火がつき、2009年からこの研究所を立ち上げる。誰も知らない採用情報を仕入れた時はひとりほくそ笑んでいる。

株式会社コヨーテ
Dr.T(右)
大阪府に生まれる。食べることが大好きで高校生並みの胃袋を持つ。長年採用に関わってきたがKに誘われ研究所の立ち上げに参画。このネタどこで仕入れたの?とつっこみたくなるほど憎い企業の採用を紹介するのが得意。

≪コヨーテのHPはこちら≫
http://coyo-te.co.jp/
≪取材などのお問合せはこちら≫
info@coyo-te.co.jp
Comments
Search this site