--世界のユニークな採用試験を紹介する「面接の研究所」--

株式会社コヨーテのオフィシャルブログへようこそ。当研究所では、世界中の気になる企業の採用現場を調べて、そのユニークな採用試験を紹介しています。取り上げる企業は、誰もが知っている世界的な有名企業もあれば、名前も知らない小さな企業もあります。しかし、ここで取り上げるどんな企業も「仲間を募ることへの強いこだわり、熱い想い」は共通していました。そしてその想いは、求職者までもファンにしてしまうものばかりです。ユニークな採用試験の背景にひそむストーリーを楽しんでください。

<< レポート#095 37シグナルズの採用『場所に縛られない採用』 | main | COYOTE WORKSHOP 2014.06 ターゲットを呼び込む効果的な採用ツールを研究する >>
振り返りレポート「 採用人材像を引き出せるファシリテーターになる」
こんにちは。コヨーテ菊池です。
 
今回は4月19日に行われたCOYOTE WORKSHOPの様子をお伝え致します。

テーマは採用人材像を引き出せるファシリテーターになる」

採用人材像を明確にすることは、採用活動にとって非常に重要なタスクであるのですが、これがきちんとできている会社はとても少ないのが事実です。
 
現場から「明るくて、リーダーシップがあって、根性のあるひとが欲しい」などと言われますが、具体的なイメージはバラバラだったりします。

そして今回のゲスト講師はーオンヒューイットジャパン株式会社リーダーシップセンターの入江倫成さん。私が知る限り、採用と組織開発の両方を熟知したファシリテーターと言えばこの人!と断言できる方です。

「求める人材像を明確化するための採用会議をファシリテーションする」という状況設定の中で、
プロの技を実践的にレクチャーいただきました。

当日の参加数は、会場いっぱいの40名。

さっそく入江さんから、今回のワークショップのねらいの説明。

「採用人材像を引き出すことに焦点を当てたファシリテーターのスキルとマインドを学習すること」

そして、提供できるものは・・・
●採用人材像を引き出すことの出来るファシリテーターのイメージ
●採用人材像を引き出すための情報整理の枠組みとその使い方

提供できるものを事前にきちんと伝えておくっていいですね。

入江さんのレクチャーは大きく2部に別れ、1部は「会議中のスキル」、2部は「ファシリテーターとしてのマインドセット」です。

まず1部の「会議中のスキル」から。取り組んだ課題は2つ。
 
1つ目の課題は「No TrustからTrustへ移行させるためにファシリテーターとしてどんな言動が求められるか」。

会議が始まる時に、受講生をぐっとひきつけるTrustへの入り口は

1、参加者が持っている(と想定される)その会議に関する不安や疑問をファシリテーターが伝える。
2、目的と進め方と効果を説明する(全体の中でどこにいるか?」は伝え続ける。
の2つです。

特に参加者をできるだけイメージして、不安や疑問を事前にリストアップしておくことの大切さを学びました。

さあ課題の2つ目。採用人材像を引き出すためのケーススタディー。

一番下の○○○、みなさんはどんな質問を部長に投げかけますか?

先ほどのケーススタディーをベースにし、採用人材像を引き出すためのフレームワークを学びました。
このフレームワークは
中途採用や、新卒、教育研修にて役立ちます。

そのフレームワークの活用方法も教えてもらいました。

2部へ。スキルよりも重要だと入江さんが説いていた「ファシリテーターとしてのマインドセット(態度/姿勢/世界観)」です。

入江さんは薄皮まんじゅう理論というオリジナル理論を展開。

その内容とは、、、
・スキルやフレームワーク=薄皮
・態度/姿勢/向き合い方=黒あん

発想がユニークで分かりやすいですよね。
そして、ファシリテーターは現場から一目置かれる存在にならなければいけません。
そのための心得が、胸にぐっと刺さります。

「現場から一目おかれるファシリテーターになろう」
●あたなが日頃から「自分の仕事」だけに関心がある言動を 示すのであれば、現場からは「ただのベンダー」だと思われる。
●あなたが日頃から「現場の問題解決」に関心のある言動を 示すのであれば、相手からは「ソリューションを提供してくれる 人」だと思われる。
●あなたが日頃から「現場のビジネス」に関心のある言動を 示すのであれば、相手からは「ビジネスパートナー」だと 思われる。
2時間のワークショップ後の参加者の感想を一部ご紹介します。

「現場で感じた想いを忘れかけていることや、自分の関心事がまだまだ小さいな、とか気づくことができました。」
「入江さんが最後に言っていた、『会社の未来を考えられるのは人事しかいない』という言葉に感動しました。」

また、「さっそく社内で採用会議を企画してみたいと思います。」という意見も出ていました。

非常に有意義な学びの場になったと思います。

入江さん、ナイスファシリテーション!ありがとうございます。

<告知>
そんな入江さんの所属するエーオンヒューイットジャパンさんで、人事向けセミナーを開催するそうです。

《人事ご担当者様向け無料セミナー》
業績の向上に結び付く人材活用のポイント  5月29日(木)15時45から18時
ベスト・エンプロイヤー企業の事例も知りたいですね。興味のある方は是非!

そして、会場提供をしてくださったアイ・エム・ジェイさん、ありがとうございます。

次回は5月21日(水)、テーマは「エンジニア採用が難しいを因数分解する」です。
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:13 | category: イベント |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.workshop-boys.com/trackback/351
トラックバック
★取り上げた企業
アップル
面白法人カヤック
スマイルズ
サウスウエスト航空
Google
日本マクドナルド
三鷹光器
ソニー生命保険
グリー
ビジネスバンク
ポジカル
ヌフカフェ
日東電工
SBIホールディングス
USAA
パーク・コーポレーション
ベアーズ
ファーストリテイリング
ユナイテッドアローズ
ヴァージン・グループ
サイバーエージェント
武田薬品工業
アンデルセングループ
SAMURAI
ラーンネットグローバルスクール
SAS
パタゴニア
クックパッド
アーネスト・シャクルトン
グロービス
明神館
リッツカールトン
コメリ
ウォルトディズニー
37シグナルズ
プラザクリエイト
ザッポス
たねや
くるみの木
ヤフー
マイクロソフト
IDEO
柴田陽子事務所
テクスティーグル
オープン・エー
臨海セミナー
はてな
ソフトバンク
アメリカンファミリー生命保険
ケムテック
シコー
秋山木工
スターブランド
ライフネット生命
ビィー・トランセグループ
吉本興業
都田建設
ECスタジオ
オイシックス
ロート製薬
日本電産
ヤマト運輸
ネスレ日本
アスロニア
DeNA
アイスタイル
あきゅらいず美養品
シグマクシス
アサツーディ・ケイ
アールシーコア
三菱鉛筆
コロンブス
成城こばやし動物病院
D&DEPARTMENT
バイテック・グローバル・ジャパン
コミー
インフォバーン
自遊人
インターコンチネンタルホテルズ
ダッドウェイ
アイ・エム・ジェイ
Categories
Profile
profilephoto

コヨーテ採用研究所

株式会社コヨーテ
Dr.K(左)
滋賀県に生まれる。主流を好まず、マニアックを追求することに喜びを感じる。採用って世界中でやってるのに知らないこと多すぎない?と探究心に火がつき、2009年からこの研究所を立ち上げる。誰も知らない採用情報を仕入れた時はひとりほくそ笑んでいる。

株式会社コヨーテ
Dr.T(右)
大阪府に生まれる。食べることが大好きで高校生並みの胃袋を持つ。長年採用に関わってきたがKに誘われ研究所の立ち上げに参画。このネタどこで仕入れたの?とつっこみたくなるほど憎い企業の採用を紹介するのが得意。

≪コヨーテのHPはこちら≫
http://coyo-te.co.jp/
≪取材などのお問合せはこちら≫
info@coyo-te.co.jp
Comments
Search this site