--世界のユニークな採用試験を紹介する「面接の研究所」--

株式会社コヨーテのオフィシャルブログへようこそ。当研究所では、世界中の気になる企業の採用現場を調べて、そのユニークな採用試験を紹介しています。取り上げる企業は、誰もが知っている世界的な有名企業もあれば、名前も知らない小さな企業もあります。しかし、ここで取り上げるどんな企業も「仲間を募ることへの強いこだわり、熱い想い」は共通していました。そしてその想いは、求職者までもファンにしてしまうものばかりです。ユニークな採用試験の背景にひそむストーリーを楽しんでください。

<< コラム #6 スタッフリスク | main | コラム #7 カンパニー・メッセージ >>
レポート#14 USAAの採用 『真の姿を伝える』
 USAA(United States Army Automobile Insurance Association
=米軍自動車保険協会)は、米国の軍隊メンバーあるいはその家族のために
保険・金融サービスを提供している会社だ。日本ではあまり知られてないが、
米国では有名な会社だ。

今日はUSAAの採用スタンスについて触れてみたい。

「会社は確かに技術に熟練した人材を求めている。しかしそれ以上に誰もが
一緒にいたい思う人物を必要としているのだ。」

これは採用に関して、人事担当役員が語った内容だ。

同社の従業員の60%が顧客対応などサービス業務に従事しているそうだ。
だから採用試験では、サービスマインドを持っているか、サービスを提供する
力を持っているかを見ることに力を入れいている。

ではどのような採用試験を行っているか見てみよう。

たとえば、応募者は電話の受付業務の模擬テストを受けたり、応募者は会員
サービス部員の一日を収録したビデオを見せられたりする。実はビデオには
仕事に非現実的な夢を抱く人が受験を断念するのに役立っているそうだ。
ビデオを見て、自分が求めている会社と違うと理解すると、自然と選考から足が
遠のく。

だから『本当に大変な仕事だ。でもやってみたいな』という人たちが結果として
採用されていく。

「どういう人がOKで、どういう人がNGなのか」
そのラインをしっかり引くことで入社後のギャップを少なくするようにしているのだ。


さらに応募者が会社とその企業文化を理解するように求めている。

だからシンプルだが、次のような質問をするのだ。
「さぁ我が社について知っていることを話してください。」

その質問をすることで、本当に入社したいという意思と根拠を確認する。入社を切望
しているのであれば、自分が調べてきたこと、USAAのやっていることに対して夢中に
なって話すだろう。自分のできる限りの力を使って、とことん調べ尽くして面接に臨む
はずだ。

USAAは、自社のサービスを支える人材を採用するために、「真の姿を伝えること」に
力を入れ、採用のミスマッチを減らす工夫をしている企業だ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:53 | category: レポート |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.workshop-boys.com/trackback/29
トラックバック
★取り上げた企業
アップル
面白法人カヤック
スマイルズ
サウスウエスト航空
Google
日本マクドナルド
三鷹光器
ソニー生命保険
グリー
ビジネスバンク
ポジカル
ヌフカフェ
日東電工
SBIホールディングス
USAA
パーク・コーポレーション
ベアーズ
ファーストリテイリング
ユナイテッドアローズ
ヴァージン・グループ
サイバーエージェント
武田薬品工業
アンデルセングループ
SAMURAI
ラーンネットグローバルスクール
SAS
パタゴニア
クックパッド
アーネスト・シャクルトン
グロービス
明神館
リッツカールトン
コメリ
ウォルトディズニー
37シグナルズ
プラザクリエイト
ザッポス
たねや
くるみの木
ヤフー
マイクロソフト
IDEO
柴田陽子事務所
テクスティーグル
オープン・エー
臨海セミナー
はてな
ソフトバンク
アメリカンファミリー生命保険
ケムテック
シコー
秋山木工
スターブランド
ライフネット生命
ビィー・トランセグループ
吉本興業
都田建設
ECスタジオ
オイシックス
ロート製薬
日本電産
ヤマト運輸
ネスレ日本
アスロニア
DeNA
アイスタイル
あきゅらいず美養品
シグマクシス
アサツーディ・ケイ
アールシーコア
三菱鉛筆
コロンブス
成城こばやし動物病院
D&DEPARTMENT
バイテック・グローバル・ジャパン
コミー
インフォバーン
自遊人
インターコンチネンタルホテルズ
ダッドウェイ
アイ・エム・ジェイ
Categories
Profile
profilephoto

コヨーテ採用研究所

株式会社コヨーテ
Dr.K(左)
滋賀県に生まれる。主流を好まず、マニアックを追求することに喜びを感じる。採用って世界中でやってるのに知らないこと多すぎない?と探究心に火がつき、2009年からこの研究所を立ち上げる。誰も知らない採用情報を仕入れた時はひとりほくそ笑んでいる。

株式会社コヨーテ
Dr.T(右)
大阪府に生まれる。食べることが大好きで高校生並みの胃袋を持つ。長年採用に関わってきたがKに誘われ研究所の立ち上げに参画。このネタどこで仕入れたの?とつっこみたくなるほど憎い企業の採用を紹介するのが得意。

≪コヨーテのHPはこちら≫
http://coyo-te.co.jp/
≪取材などのお問合せはこちら≫
info@coyo-te.co.jp
Comments
Search this site