--世界のユニークな採用試験を紹介する「面接の研究所」--

株式会社コヨーテのオフィシャルブログへようこそ。当研究所では、世界中の気になる企業の採用現場を調べて、そのユニークな採用試験を紹介しています。取り上げる企業は、誰もが知っている世界的な有名企業もあれば、名前も知らない小さな企業もあります。しかし、ここで取り上げるどんな企業も「仲間を募ることへの強いこだわり、熱い想い」は共通していました。そしてその想いは、求職者までもファンにしてしまうものばかりです。ユニークな採用試験の背景にひそむストーリーを楽しんでください。

<< コラム #089 柏屋旅館の仲間たち | main | レポート#067 Googleの採用 『エアポートテスト』 >>
コラム #090 東北地方太平洋沖地震について

 2011年3月11日、東北を中心とした大きな地震により、まだ全貌が明らかなっていないものの、想像を絶する甚大なる被害が予想されます。
今もテレビをつけると、時間を追うごとに死亡者・行方不明者の数が増えている状況です。

被害にあわれ、命を失った方がへのご冥福をお祈りするとともに、家族や家を失い悲しみにくれている被災された方を想うと本当に胸が痛みます。

一日でも早く、その悲しみ、苦しみから癒える日が来ることを心よりお祈りいたします。

当ブログの根底には元気な組織、元気な日本を創っていきたいという想いで綴っています。

私は今の日本について、多くの不満があり、このままではいけない、と思っている点がたくさんありました。

ただ、今回の地震を通じて、日本人の温かさ、強さ、誠実さを感じることができました。

そして、危機をみんなで助け合って乗り越えようとする国民のつながりの強さです。

特定の宗教も持たなければ、政治にも無関心な日本国民ですが、その根底には何か一つのものを持っている気がしました。

それを実証する様々なツイートをまとめたサイトがありました。
読んでいると、とても胸があつくなりましたので、下記に抜粋します。

* 渋滞した交差点での出来
http://twitter.com/micakom/status/46264887281848320
一回の青信号で1台しか前に進めないなんてザラだったけど、誰もが譲り合い穏やかに運転している姿に感動した。複雑な交差点で交通が5分以上完全マヒするシーンもあったけど、10時間の間お礼以外のクラクションの音を耳にしなかった。恐怖と同時に心温まる時間で、日本がますます好きになった。
(コメント)私も、昨夜は7時間かけて歩いて自宅に戻ったのですが、大変ストレスがかかる中、みんな黙々と歩いている姿が印象的でした。
渋滞している自動車も、落ち着いて歩行者を優先する行為が目立ちました。

* 御殿場で
http://twitter.com/Raaaaayuu/statuses/46392890313801728
実際日本すごいよ。昨日信号が一カ所も機能していない御殿場市でもお互いにドライバー同士譲り合ってたし、地元のおじいちゃんおばあちゃんが手信号やってくれてたりで、混乱もなく本当感動した。9時間運転してたけど前車を煽るようなドライバーはもちろんいなかったし、みんな譲り合い精神。

* 日本の強さ
http://twitter.com/dita_69/status/46309373458382849
サントリーの自販機無料化softbankWi-Fiスポット解放、色んな人達が全力で頑張っててそれに海外が感動・協力してる。海外からの援助受け入れに躊躇したり自衛隊派遣を遅らせたりしてた阪神淡路大震災の頃より日本は確実に強い国になってるんだ。みんな頑張ろう。
(コメント)企業姿勢が見えてきます。素晴らしいです。

* ディズニーシーにて
http://twitter.com/kfstudio/status/46390032776437760
ディズニーシーに一泊した娘、無事帰宅しました!キャストのみなさんが寒い中でも笑顔で接してくれて不安を感じることなく過ごせたそうです。防寒のカイロやビニール袋、夜・朝の軽食と飲み物、おやつまで。ディズニーの素晴らしさに感動です。頑張ってくれたキャストさん、ほんとにありがとう!!
(コメント)ディズニーランドは、すべてのお客様に帰りの交通費を負担し、またたくさんのお菓子を渡したそうですね。

* 外国人から見た日本人
http://twitter.com/kiritansu/status/46335057689980928
外国人から見た地震災害の反応。物が散乱しているスーパーで、落ちているものを律儀に拾い、そして列に黙って並んでお金を払って買い物をする。運転再開した電車で混んでるのに妊婦に席を譲るお年寄り。この光景を見て外国人は絶句したようだ。本当だろう、この話。すごいよ日本。
(コメント)日本人の倫理性の高さを感じます。倫理観は本当に豊かでないと醸成できないものだと思っています。

* 学び
http://twitter.com/chaos_chaotic/statuses/46388646038876160
TLの拡散希望を見て思ったことは、阪神淡路大地震から学んだことがとても多くツイートされていること。当たり前のことなんだけど、やはり人間は、学んで考えることができる生き物なんだと改めて思い、感動した。
(コメント)電話やテレビがつながらない中、ソーシャルネットワークを通じて情報を得たり励まされたりした人も多いようです。関西の方からのツイートなどは、かつての地震から学んだことなどがツイートされていました。

* BBCの報道
http://twitter.com/bozzo1985/status/46228470614855681
本当に感動。泣けてくる。⇒BBCめっちゃ誉めてる。地球最悪の地震が世界で一番準備され訓練された国を襲った。その力や政府が試される。犠牲は出たが他の国ではこんなに正しい行動はとれないだろう。日本人は文化的に感情を抑制する力がある。
(コメント)NY Timesの記事でも日本への賞賛が。「地震の後で、日本の最良の国民性が発露されている。日本に同情するとともに、日本の強靭さやキメ細やかな社会性から学ぶことがたくさんある」

* ドイツ人の友達
http://twitter.com/sikkoku_otsuyu/status/46392832893796352
ドイツ人の友達が地震が起きた時に渋谷に居て、パニックになっていた所を日本人に助けてもらったらしく、その時の毅然とした日本人の態度や足並み乱さずに店の外に出てやるべきことを淡々とこなす姿にひどく感動し、まるでアーミーのようだったと言っていた。
(コメント)日本語に自信のない外国人にとっては、情報が届かず不安だったでしょう。茂木さんがそんな人たちのために、英語で地震情報ツイートしていました。

* ローマから
http://twitter.com/tsubakianna/statuses/46387133396688896
ローマにいる友達からメール。ローマの人々はニュースを見ながらこのような状況でも冷静に対処する日本人に感動し、尊敬の念を覚えながら、非常に心配しているとのことです。
(コメント)海外からのこうしたツイートを見ると、改めて日本人の強さを知る機会となります。

最後に、現在ドイツのケルンに在籍してているサッカー選手槙野選手の写真です。




この写真をみて、まずは自分にできることをやろう、という勇気をもらいました。

まずは節電と、献血です。

そして、予期せぬかたちで命を失った多くの人のためにも、この地震を忘れずに世界に誇れる素晴らしい日本にしていかねばなりません。

決意をあらたに、このブログの執筆をつづけていきたいと思います。(K)

| comments(0) | trackbacks(0) | 02:53 | category: コラム |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.workshop-boys.com/trackback/192
トラックバック
★取り上げた企業
アップル
面白法人カヤック
スマイルズ
サウスウエスト航空
Google
日本マクドナルド
三鷹光器
ソニー生命保険
グリー
ビジネスバンク
ポジカル
ヌフカフェ
日東電工
SBIホールディングス
USAA
パーク・コーポレーション
ベアーズ
ファーストリテイリング
ユナイテッドアローズ
ヴァージン・グループ
サイバーエージェント
武田薬品工業
アンデルセングループ
SAMURAI
ラーンネットグローバルスクール
SAS
パタゴニア
クックパッド
アーネスト・シャクルトン
グロービス
明神館
リッツカールトン
コメリ
ウォルトディズニー
37シグナルズ
プラザクリエイト
ザッポス
たねや
くるみの木
ヤフー
マイクロソフト
IDEO
柴田陽子事務所
テクスティーグル
オープン・エー
臨海セミナー
はてな
ソフトバンク
アメリカンファミリー生命保険
ケムテック
シコー
秋山木工
スターブランド
ライフネット生命
ビィー・トランセグループ
吉本興業
都田建設
ECスタジオ
オイシックス
ロート製薬
日本電産
ヤマト運輸
ネスレ日本
アスロニア
DeNA
アイスタイル
あきゅらいず美養品
シグマクシス
アサツーディ・ケイ
アールシーコア
三菱鉛筆
コロンブス
成城こばやし動物病院
D&DEPARTMENT
バイテック・グローバル・ジャパン
コミー
インフォバーン
自遊人
インターコンチネンタルホテルズ
ダッドウェイ
アイ・エム・ジェイ
Categories
Profile
profilephoto

コヨーテ採用研究所

株式会社コヨーテ
Dr.K(左)
滋賀県に生まれる。主流を好まず、マニアックを追求することに喜びを感じる。採用って世界中でやってるのに知らないこと多すぎない?と探究心に火がつき、2009年からこの研究所を立ち上げる。誰も知らない採用情報を仕入れた時はひとりほくそ笑んでいる。

株式会社コヨーテ
Dr.T(右)
大阪府に生まれる。食べることが大好きで高校生並みの胃袋を持つ。長年採用に関わってきたがKに誘われ研究所の立ち上げに参画。このネタどこで仕入れたの?とつっこみたくなるほど憎い企業の採用を紹介するのが得意。

≪コヨーテのHPはこちら≫
http://coyo-te.co.jp/
≪取材などのお問合せはこちら≫
info@coyo-te.co.jp
Comments
Search this site