--世界のユニークな採用試験を紹介する「面接の研究所」--

株式会社コヨーテのオフィシャルブログへようこそ。当研究所では、世界中の気になる企業の採用現場を調べて、そのユニークな採用試験を紹介しています。取り上げる企業は、誰もが知っている世界的な有名企業もあれば、名前も知らない小さな企業もあります。しかし、ここで取り上げるどんな企業も「仲間を募ることへの強いこだわり、熱い想い」は共通していました。そしてその想いは、求職者までもファンにしてしまうものばかりです。ユニークな採用試験の背景にひそむストーリーを楽しんでください。

<< レポート#11 日本の新卒採用の軌跡 『独自の採用文化』 | main | ☆オススメ 書籍『「人口減少経済」の新しい公式』 >>
コラム #001 なぜ、「目配り、気配り、心配りできる人」を採用するべきか
スターブランド社の村尾さんは、「目配り、気配り、心配り」に長けているような
スタッフは、明るい職場を織り成すコアメンバーになっていく場合が多いので、
スキルや経験値で多少譲歩しても、気配り屋さんの加入を優先するように、
小さな会社にアドバイスしているそうです。

なぜ、小さな会社では、そのような人を採用すべきなのか?

・小さな会社では、一人ひとりがマルチタスクを担当することになる
・お客さまとの距離感がとても近い

だから「場面、場面で臨機応変に対応できる人」や「まわりから気持ちよく仕事を
頼まれる人」、「お客さまとの対応をしっかりできる人」が必要になってくるのだと
思います。

でも気配り度は、どうやって見ればよいのだろうか。

村尾さんは、未来の気配り度を見るには、「セルフ系のカフェ」がいいとよく話されます。
(セルフ系のカフェとは、スターバックスコーヒーやタリーズコーヒーのようなお店です。
喫茶店のように席を案内してくれたり、注文を聞きにくるお店はダメです。)

その根拠は、それぞれのシーンで、その人がどんな対応をとるかで、その人の気配り度
が見えてくるからです。

まず、カフェのドアを開けたときの反応は・・・
こちらが、ドアを開けたときに、恐縮して会釈するのか?
何も言わずそのまま素通りするのか。
それとも「どうぞ」と言って、面接官を先に通すのか。

そして、カウンターでオーダーするとき・・・
オーダーをするときに何を頼むのか。
気を使って注文するタイプか。
(例えば、注文者と同じモノを頼むのか。自分だけ特別な飲みたい高いモノを頼むのかなど)

さらにお金を支払うとき…
面接官が基本的にお金を払うのですが、そのときにお礼を言うか、自分で支払うそぶり
を見せるか、それとも何も言わずに待っているだけか。

席をとるとき・・・
誰が席をとるのか。注文している間に、まず席をとるタイプか。
ミルクやシュガーをとってくるのか。
そして飲むのは、どちらが先に飲むのか。そんなところでもマナー度が見れます。

飲み終えて、ゴミを捨てるとき・・・
誰がどうやって捨てるのか。プラスチックや紙の分別をしっかりして捨てるのか。

そして帰りがけのドア・・・
自分から開けようとするのか。それても開けてもらうのを待っているのか。
行きは開けてもらったのを思い出し、今度は自分で開けようとするのか。

「セルフ系のカフェ」の面接は、厳しいチェックポイントだらけですが、そこまで見ると、
その人の「気配り、目配り、心配り」度がよく見えてきますね。

少なくとも、通常の応接室の面接では、なかなか見えてこないところです。
限られたリソースの中で、一人のコアスタッフを採用するのであれば、それくらい細かい
視点でみることは大切です。応募者の本当の姿を見るには、面接場所も、状況に応じて、
変えることも有効だと思います。(T)
| comments(3) | trackbacks(0) | 23:06 | category: コラム |
コメント
はじめまして採用に携わっておりますものです。
いつも記事のアップをとても楽しみにしております。

今まさにシーズンでばたついておりますが、
企業プロモーションの一つといえる採用にかなり力をいれており
ますので御サイトにはとても興味を持っております。

次回アップを楽しみにしております。
| じんじ | 2009/11/16 12:57 PM |

コメントありがとうございます。

毎回毎回「産みの苦しみ」の連続ですが
「じんじ」さんの温かいメッセージ
非常にうれしく思います。

これから採用シーズンでかなり忙しくなるんでしょうね。
また、暇なときにちょこちょこ見てください。
(あと、至らない点も多いのでご指摘もください!)

「じんじ」さんの会社の採用がユニークものになることを
期待しています!
| WorkShopBoys(K) | 2009/11/17 1:25 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/06/05 7:51 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.workshop-boys.com/trackback/19
トラックバック
★取り上げた企業
アップル
面白法人カヤック
スマイルズ
サウスウエスト航空
Google
日本マクドナルド
三鷹光器
ソニー生命保険
グリー
ビジネスバンク
ポジカル
ヌフカフェ
日東電工
SBIホールディングス
USAA
パーク・コーポレーション
ベアーズ
ファーストリテイリング
ユナイテッドアローズ
ヴァージン・グループ
サイバーエージェント
武田薬品工業
アンデルセングループ
SAMURAI
ラーンネットグローバルスクール
SAS
パタゴニア
クックパッド
アーネスト・シャクルトン
グロービス
明神館
リッツカールトン
コメリ
ウォルトディズニー
37シグナルズ
プラザクリエイト
ザッポス
たねや
くるみの木
ヤフー
マイクロソフト
IDEO
柴田陽子事務所
テクスティーグル
オープン・エー
臨海セミナー
はてな
ソフトバンク
アメリカンファミリー生命保険
ケムテック
シコー
秋山木工
スターブランド
ライフネット生命
ビィー・トランセグループ
吉本興業
都田建設
ECスタジオ
オイシックス
ロート製薬
日本電産
ヤマト運輸
ネスレ日本
アスロニア
DeNA
アイスタイル
あきゅらいず美養品
シグマクシス
アサツーディ・ケイ
アールシーコア
三菱鉛筆
コロンブス
成城こばやし動物病院
D&DEPARTMENT
バイテック・グローバル・ジャパン
コミー
インフォバーン
自遊人
インターコンチネンタルホテルズ
ダッドウェイ
アイ・エム・ジェイ
Categories
Profile
profilephoto

コヨーテ採用研究所

株式会社コヨーテ
Dr.K(左)
滋賀県に生まれる。主流を好まず、マニアックを追求することに喜びを感じる。採用って世界中でやってるのに知らないこと多すぎない?と探究心に火がつき、2009年からこの研究所を立ち上げる。誰も知らない採用情報を仕入れた時はひとりほくそ笑んでいる。

株式会社コヨーテ
Dr.T(右)
大阪府に生まれる。食べることが大好きで高校生並みの胃袋を持つ。長年採用に関わってきたがKに誘われ研究所の立ち上げに参画。このネタどこで仕入れたの?とつっこみたくなるほど憎い企業の採用を紹介するのが得意。

≪コヨーテのHPはこちら≫
http://coyo-te.co.jp/
≪取材などのお問合せはこちら≫
info@coyo-te.co.jp
Comments
Search this site