--世界のユニークな採用試験を紹介する「面接の研究所」--

株式会社コヨーテのオフィシャルブログへようこそ。当研究所では、世界中の気になる企業の採用現場を調べて、そのユニークな採用試験を紹介しています。取り上げる企業は、誰もが知っている世界的な有名企業もあれば、名前も知らない小さな企業もあります。しかし、ここで取り上げるどんな企業も「仲間を募ることへの強いこだわり、熱い想い」は共通していました。そしてその想いは、求職者までもファンにしてしまうものばかりです。ユニークな採用試験の背景にひそむストーリーを楽しんでください。

<< レポート#10 ヌフカフェの採用 『ファンづくり』 | main | コラム #001 なぜ、「目配り、気配り、心配りできる人」を採用するべきか >>
レポート#11 日本の新卒採用の軌跡 『独自の採用文化』

 先日、ある外資系メーカーの採用担当から聞いた話である。

この会社の各国の拠点の採用担当が集まり、
採用に関する情報共有の場が開かれたそうだ。

そこで、日本での「新卒採用」の実情を話したところ
「なんて日本はユニークな採用をやっているんだ。」と
各国の担当者から質問攻めにあったという。

「なんで何のスキルもない新卒者を採用するんだい?」

「なんでそんな長い時間をかけて採用するんだ?」

「リクナビって一体なんだ?」などなど。。。

その話を聞いて、当たり前だと思っていた「日本の新卒採用」は
世界ではユニークな考え方で行われているのだと痛感した。

今回は少し大きなテーマであるが「日本の新卒採用」について
なぜこのようなスタイルをとることになったのか、その軌跡をみてみたい。

そもそも歴史を遡ると、明治後期から大正期のころより
学校を卒業したばかりで就業経験のない学生を“新卒採用”として迎え入れてきたらしい。

それは、終身雇用制度と右肩上がりの経済成長を背景に
計画的で安定的な人材供給手段である新卒採用という手段が発展してきた。

また、欧米に見られる契約主義的なドライな会社と個人の関係ではなく、
家族主義的な人間関係を重視する日本の国民性が、
スキルよりもピュアなマインドを欲したのかもしれない。

このような理由から「新卒採用」は日本の採用の主流となっていたのだが
1960年あたりから「転職」の概念が日本に上陸。

当時は「入社した会社を辞めるなんて考えらない。会社への裏切り行為だ」
と思われていた転職だが、今ではずいぶん考え方が変わった。

会社に対する忠誠心の低下は、働く価値観の多様化もあり
企業の合理化の追求による弊害かもしれない。

そして、日本の採用市場においては、2000年をピークとした
就職氷河期と、これからさらに悪化が予想されるサブプライム問題後の
「100年に1度の不況による就職難」により
新卒採用の重要性が徐々に薄れてきている。

今までの「情熱」と「ポテンシャル」の評価により広く窓が開かれていたが
その窓が徐々に小さくなってきているのと、即戦力志向が強まっている。

長年の歴史の積み重ねにより「情熱」と「ポテンシャル」を上手く開花させてきたのが
日本企業のスキルだと捉えることもできないだろうか?

より欧米型のスキル重視の採用になるのか、
日本独自の新卒採用を進化させるのか。

今まさに「日本の採用」は過渡期を迎えていると感じる。

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:08 | category: レポート |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.workshop-boys.com/trackback/17
トラックバック
★取り上げた企業
アップル
面白法人カヤック
スマイルズ
サウスウエスト航空
Google
日本マクドナルド
三鷹光器
ソニー生命保険
グリー
ビジネスバンク
ポジカル
ヌフカフェ
日東電工
SBIホールディングス
USAA
パーク・コーポレーション
ベアーズ
ファーストリテイリング
ユナイテッドアローズ
ヴァージン・グループ
サイバーエージェント
武田薬品工業
アンデルセングループ
SAMURAI
ラーンネットグローバルスクール
SAS
パタゴニア
クックパッド
アーネスト・シャクルトン
グロービス
明神館
リッツカールトン
コメリ
ウォルトディズニー
37シグナルズ
プラザクリエイト
ザッポス
たねや
くるみの木
ヤフー
マイクロソフト
IDEO
柴田陽子事務所
テクスティーグル
オープン・エー
臨海セミナー
はてな
ソフトバンク
アメリカンファミリー生命保険
ケムテック
シコー
秋山木工
スターブランド
ライフネット生命
ビィー・トランセグループ
吉本興業
都田建設
ECスタジオ
オイシックス
ロート製薬
日本電産
ヤマト運輸
ネスレ日本
アスロニア
DeNA
アイスタイル
あきゅらいず美養品
シグマクシス
アサツーディ・ケイ
アールシーコア
三菱鉛筆
コロンブス
成城こばやし動物病院
D&DEPARTMENT
バイテック・グローバル・ジャパン
コミー
インフォバーン
自遊人
インターコンチネンタルホテルズ
ダッドウェイ
アイ・エム・ジェイ
Categories
Profile
profilephoto

コヨーテ採用研究所

株式会社コヨーテ
Dr.K(左)
滋賀県に生まれる。主流を好まず、マニアックを追求することに喜びを感じる。採用って世界中でやってるのに知らないこと多すぎない?と探究心に火がつき、2009年からこの研究所を立ち上げる。誰も知らない採用情報を仕入れた時はひとりほくそ笑んでいる。

株式会社コヨーテ
Dr.T(右)
大阪府に生まれる。食べることが大好きで高校生並みの胃袋を持つ。長年採用に関わってきたがKに誘われ研究所の立ち上げに参画。このネタどこで仕入れたの?とつっこみたくなるほど憎い企業の採用を紹介するのが得意。

≪コヨーテのHPはこちら≫
http://coyo-te.co.jp/
≪取材などのお問合せはこちら≫
info@coyo-te.co.jp
Comments
Search this site