--世界のユニークな採用試験を紹介する「面接の研究所」--

株式会社コヨーテのオフィシャルブログへようこそ。当研究所では、世界中の気になる企業の採用現場を調べて、そのユニークな採用試験を紹介しています。取り上げる企業は、誰もが知っている世界的な有名企業もあれば、名前も知らない小さな企業もあります。しかし、ここで取り上げるどんな企業も「仲間を募ることへの強いこだわり、熱い想い」は共通していました。そしてその想いは、求職者までもファンにしてしまうものばかりです。ユニークな採用試験の背景にひそむストーリーを楽しんでください。

<< <コラム> 『愛される会社・スピード』 | main | <コラム> 『コメリの追加採用』 >>
レポート#32 ザ・リッツカールトンの採用 『積み重ね』

 リッツカールトンといえば、世界でも有名なラグジュアリーホテルチェーンであり
誰もが一度は行ってみたいと思う、最高のおもてなしを売りにしている企業である。

そこで働く従業員(紳士淑女と呼んでいる)のサービスの質の高さは
同業だけではなく、サービスを志す企業の憧れの存在である。

今や多くの企業で浸透しつつある『クレド(信条)』を生み出したことや、
お客さまのサービスのためなら1日2000ドルまで従業員の裁量に任せてられていることなどは非常に有名な話である.

そんなサービスの最高峰とも言えるリッツカールトンへの入社を希望する人は多く、採用サイトには1日に3万件以上のアクセスがあるそうだ。


そんなリッツカールトンの採用試験は、面接の回数が多く、こだわりが強い。

あるマネージャーの採用では、人事やオーナー、従業員あわせて14人もの
面接官と会って入社したそうだ。

これだけのメンバーに選ばれたという誇りと期待感を醸成することで
入社後のモチベーションやパフォーマンスが高くなるのだそうだ。

また、面接自体も単に回数をこなしているのではなく
面接を行う資格をもった社員が、QSP(Quality Selection Process)といわれる
科学的な人材選考プロセスを通じて選考しているのである。

選考の基準は、これまでのキャリアやスキルは全く問われることがなく
応募者の価値観、考え、パーソナリティを様々な角度から分析しているのである。


もうひとつ、リッツカールトンの面接でユニークな点がある。
それは、面接を受けに来る応募者の応対に関するエピソードである。

あるマネージャー候補の面接のこと。

面接会場はホテルの宴会場で、入り口には2人のドアマンが立っており、
中にはグランドピアノの生演奏、面接では管理職がウェイターとなり、
コーヒーやジュースを運んでくれたのだそうだ。

つまり、応募者に対しても、お客さまと同じ様なもてなしをするのだ。

これは最初にリッツ・カールトンの理念や価値観を伝えるためであったそうなのだが
応募者の半分くらいは会場の雰囲気を見て、自分には合わないと思い、帰ったということだ。


このように、リッツカールトンの採用は非常に多くの時間と手間を惜しまず
すぐに人が欲しいから急いで採用する、ということは許されない。

即戦力を採用することはせず、素質のある人材に対して
会社の価値観・考え方・行動指針などを十分に時間をかけて植えつけていくことに重点を置いている。


彼らは言う。

『リッツカールトンのサービスは一朝一夕にできるものではないんだよ。
長い時間の積み重ねが、今ここに表れているのだ』と。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 05:05 | category: レポート |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.workshop-boys.com/trackback/105
トラックバック
★取り上げた企業
アップル
面白法人カヤック
スマイルズ
サウスウエスト航空
Google
日本マクドナルド
三鷹光器
ソニー生命保険
グリー
ビジネスバンク
ポジカル
ヌフカフェ
日東電工
SBIホールディングス
USAA
パーク・コーポレーション
ベアーズ
ファーストリテイリング
ユナイテッドアローズ
ヴァージン・グループ
サイバーエージェント
武田薬品工業
アンデルセングループ
SAMURAI
ラーンネットグローバルスクール
SAS
パタゴニア
クックパッド
アーネスト・シャクルトン
グロービス
明神館
リッツカールトン
コメリ
ウォルトディズニー
37シグナルズ
プラザクリエイト
ザッポス
たねや
くるみの木
ヤフー
マイクロソフト
IDEO
柴田陽子事務所
テクスティーグル
オープン・エー
臨海セミナー
はてな
ソフトバンク
アメリカンファミリー生命保険
ケムテック
シコー
秋山木工
スターブランド
ライフネット生命
ビィー・トランセグループ
吉本興業
都田建設
ECスタジオ
オイシックス
ロート製薬
日本電産
ヤマト運輸
ネスレ日本
アスロニア
DeNA
アイスタイル
あきゅらいず美養品
シグマクシス
アサツーディ・ケイ
アールシーコア
三菱鉛筆
コロンブス
成城こばやし動物病院
D&DEPARTMENT
バイテック・グローバル・ジャパン
コミー
インフォバーン
自遊人
インターコンチネンタルホテルズ
ダッドウェイ
アイ・エム・ジェイ
Categories
Profile
profilephoto

コヨーテ採用研究所

株式会社コヨーテ
Dr.K(左)
滋賀県に生まれる。主流を好まず、マニアックを追求することに喜びを感じる。採用って世界中でやってるのに知らないこと多すぎない?と探究心に火がつき、2009年からこの研究所を立ち上げる。誰も知らない採用情報を仕入れた時はひとりほくそ笑んでいる。

株式会社コヨーテ
Dr.T(右)
大阪府に生まれる。食べることが大好きで高校生並みの胃袋を持つ。長年採用に関わってきたがKに誘われ研究所の立ち上げに参画。このネタどこで仕入れたの?とつっこみたくなるほど憎い企業の採用を紹介するのが得意。

≪コヨーテのHPはこちら≫
http://coyo-te.co.jp/
≪取材などのお問合せはこちら≫
info@coyo-te.co.jp
Comments
Search this site